起こりやすい病気と予防

慢性扁桃炎について

原因と症状

  • 扁桃はのどの入り口にあるリンパ組織で、外界の細菌やウイルスなどの病原体を捕らえて、体内に入れないようにしています。
  • 扁桃が感染を起こすと、発熱や咽頭痛を生じますが、通常は1週間くらいで軽快します(急性扁桃炎)。扁桃の炎症を繰り返すものを慢性扁桃炎といいます。
  • 慢性扁桃炎には習慣性扁桃炎、病巣扁桃、扁桃周囲膿瘍などがあります。
  • 習慣性扁桃炎は年5回以上、扁桃腺が腫れて高熱を出す病気です。
  • 病巣扁桃とは扁桃腺が原因となり、腎臓が悪くなったり(慢性腎炎)、手のひらや足のうらに発疹が出たり(掌蹠膿疱症)、心臓が悪くなったり(弁膜症)する病気です。
  • 扁桃腺に溶連菌などの細菌感染が起こると、体の中に抗体ができて免疫反応を起こし、その免疫複合体が血液に入ることによって、腎臓や皮膚、心臓に付着して各種の臓器障害を起こすといわれています。

 

治療と症状

  • 扁桃が腫れた場合は、抗生物質を内服または点滴して、痛み止めも使用します。
  • 習慣性扁桃炎、病巣扁桃、扁桃周囲膿瘍を起こした人や、扁桃が大きくて(扁桃肥大)睡眠中に息が止まるような症状が見られる人(睡眠時無呼吸症候群)では扁桃の手術(扁桃摘出術)を行ないます。
  • 以前は数回腫れただけで扁桃腺を摘出していましたが、細菌では扁桃の免疫機能が評価され、また抗生物質も進歩してきたため、通常は上記のような適応でないと、手術はしません。
  • 小児では免疫機能が未熟なため感染を起こしやすいといわれています。このため、扁桃の摘出は少なくとも5歳まで待ってからのほうがよいでしょう。成長と共に体の抵抗力がついて熱を出さなくなることもあります。
  • 扁桃摘出術は2週間くらい入院して全身麻酔で行ないます。以前は扁桃腺の露出部だけを切除していましたが、最近は扁桃のカプセル全体を摘出します。小児では同時にアデノイド(上咽頭扁桃)も摘出します。
  • 扁桃の炎症を防ぐには、いつものどを清潔にして、外から帰ったら必ずうがいをしましょう。

以前のように扁桃が大きいからといってすぐに扁桃を取るということはしなくなりました!

扁桃の炎症を防ぐため、いつもうがいを心がけましょう!

前のページに戻る