起こりやすい病気と予防

アレルギー性鼻炎について

原因と症状

  • アレルギー性鼻炎は鼻の粘膜が過敏になり、くしゃみ、鼻水(水溶性鼻漏)、鼻づまり(鼻閉)が起きます。
  • 鼻アレルギーは空気中の様々な刺激物(抗原)が原因となって起きます。
  • 花粉が抗原となっているものは花粉症と言われています。春のスギ(木性)、初夏のカモガヤ、秋のブタクサ、ヨモギなどの植物(草性)が代表的な花粉症です。
  • 花粉症は毎年決まった時期にその抗原にさらされることにより、次第に刺激されて(感作)、ある段階に達すると発症します。多くは20歳前後からみられます。
  • 小児にみられる鼻アレルギーはアトピー性皮膚炎や、気管支喘息などのアレルギー体質を持つ児童に起きやすく、抗原はたいてい家のホコリ(ハウスダスト)やダニです。
  • 花粉症は花粉の飛散する時期だけ症状が出ます(季節性アレルギー)。最近は小学生にも見られるようになってきました。
  • ハウスダストが原因のものは一年中症状があります(通年性アレルギー)。特に部屋を閉め切ることが多い、夏のエアコン使用期間や冬の暖房時期に症状が強くなります。
  • 何が自分の抗原になっているかは、血液検査をすれば約1週間でわかります(特異的IgE測定方法)。

治療と症状

  • 花粉症では原因となっている抗原にさらされないようにしましょう。外出時にはマスクをして、家に帰ったらよくうがいをします。
  • ハウスダストが原因のものでは、家の中のジュウタンやタタミをよく掃除して、ホコリを防ぎましょう。ダニの駆除も大事です。
  • 治療は鼻のネブライザー(吸入療法)と抗アレルギー剤の内服やステロイド、抗アレルギー剤、血管収縮剤の点鼻が主体です。
  • 抗アレルギー剤はアレルギーの反応を抑えるもので、作用機序によりいろいろな種類があります。
  • 効果が出ると2、3ヵ月で症状が気にならなくなります。
  • 血管収縮剤は即効性がありますが、長期にわたり連用すると粘膜が痛んできます(肥厚性鼻炎)。
  • 花粉症などで特に症状が強い時期はステロイド剤の内服を併用します。これは即効性がありよく効きますが、時に体がむくむなどの副作用もあるので、使用する場合は、医師とよく相談して長期に漫然と使用しないようにしましょう。
  • 花粉症では花粉の飛散し始める季節の少し前から治療を始めると、あまり症状が出ないですみます(初期療法)。
  • これらの保存療法を長期に行なっても効果がない場合は、アレルギーのために浮腫に陥った鼻の粘膜にレーザーを焼灼する治療方法もあります(レーザー手術)。

小児の鼻アレルギーはアトピー性皮膚炎や気管支喘息などを持つお子さんで起きやすい傾向にあります!

前のページに戻る