起こりやすい病気と予防

滲出性中耳炎について

原因と症状

  • 4歳から7歳までの子供さんに多く見られます。
  • 原因は耳管(鼻と耳をつなぐ管)の働きが悪くなって起こります。
  • 耳管の機能が悪くなると中耳腔(鼓膜の奥の方)の換気が悪くなり、中耳の粘膜が浮腫(むくみ)を起こして滲出液が貯留してしまいます。このため、外からの音がうまく伝わらなくなります。
  • 耳管の働きは風邪をひいたり、鼻やのどの病気をすると悪くなります。
  • 急性中耳炎(耳が痛くなる中耳炎)の後には、耳管が詰まりやすくなります。
  • 症状は耳が詰まる感じ、聞こえが悪いなどがありますが、子供では80%が自覚症状を訴えません。また、急性炎症ではないため、痛みや耳だれは起きませんので、返事が遅い、ぼんやりしている、テレビの音を大きくするなどのお子様の変化に注意してあげることが大切です。

治療と症状

  • 治療は鼻やのどに原因があることが多いので、副鼻腔炎(蓄膿症)、アデノイド(鼻の奥のリンパ組織)、扁桃腺炎の治療を行います。
  • 3ヵ月間以上このような治療を行なっても効果がない場合は、鼓膜切開を行い、鼓膜の奥に溜まった貯留液を除去します。鼓膜切開は痛み止め(局所麻酔)をして行ないますので痛みはありません。
  • 鼓膜切開をしても貯留液が繰り返し溜まる場合や、貯留液が粘稠(ねばねば)で、鼓膜が強く陷凹するような場合は、鼓膜切開をした後に小さなチューブを鼓膜に入れます(鼓膜チューブ留置)。これは急須の蓋にある小さな孔と同じ働きをして、中耳腔の貯留液が耳管から鼻に抜けやすくします。
  • チューブを留置すると聞こえが改善します。
  • チューブは1年から2年そのままにしておきます。飛んだり跳ねたりしてもはずれませんが、頭を洗うときには耳栓をしましょう。また、留置中は垢が詰まったり汚れたりするので、定期的な医師の診察が必要になります。
  • チューブ留置中も水泳はできますが、必ず耳栓をして、飛び込みや潜水はしないようにしましょう。また、水泳期間中は特に念入りに医師のケアが必要になります。耳だれが出たら水泳は中止してすぐに医師の診察を受けてください。
  • 滲出性中耳炎を放置すると、難聴になるばかりか大人になってから真珠腫性中耳炎や癒着性中耳炎というような、難治性の長期入院手術を必要とする中耳炎に移行しやすいので注意しましょう。

小さなお子さんでは、おうちの人が微妙な変化に気づいてあげることが大切です!

前のページに戻る