起こりやすい病気と予防

このページでは、日常よくみられる「みみ・はな・のどの病気」を、やさしく解説しています。内容をお読みになって心配なことがあれば、遠慮せずに耳鼻咽喉科医に相談しましょう。「詳細を見る」をクリックしていただくとより詳細な説明がご覧いただけます。

みみの病気

疾患名 説明 詳細説明
耳垢栓塞
(じこうせんそく)
鼓膜が見えないほど耳垢(みみあか)かが溜まっており、自宅で無理に取ろうとすると外耳道を傷つけたりするので、必ず耳鼻科医に取ってもらって下さい。耳垢を取らないで水泳をすると、外耳道炎や耳のオデキ(耳せつ)の原因になります。  
慢性中耳炎
(まんせいちゅうじえん)
鼓膜に孔(あな)があいており耳だれがでています。聞こえが悪くなるばかりでなく、重大な結果を招くことがあります。また、耳だれの出ていない場合もありますが、入浴・洗髪のときには耳に水が入らないように気をつけましょう。水泳は厳重な注意が必要ですので、耳鼻科医にご相談下さい。  
滲出性中耳炎
(しんしゅつせいちゅうじえん)
鼓膜の奥の中耳腔に水(滲出液)が溜まって聞こえが悪くなる病気です。原因には、乳幼児期の急性中耳炎や慢性副鼻腔炎、アデノイド(下の口腔咽頭の病気欄で解説)などがあげられます。水泳は耳鼻科医と相談してください。
難聴の疑い
(なんちょうのうたがい)
耳鼻科医の精密な聴力検査を受け、難聴の程度とその原因を調べてもらう必要があります。治療によりきこえが回復する場合と、治療しても回復しない場合とがあります。回復しない場合でも、年に1回は聴力検査を受け、難聴が進行していないことを確認する必要があります。  
めまい めまいの症状は、周囲がグルグル回るような回転性のめまい、体がフワフワと浮いたように感じる浮動性のめまい、急に立ち上がったときにクラッとする立ちくらみなど、一様ではありません。原因となる病気もいろいろありますが、特に回転性のめまいでは、耳鳴りや難聴を伴う内耳の病気が隠されていることがありますので、耳鼻科医と相談してください。  

はなの病気

疾患名 説明 詳細説明
慢性鼻炎
(まんせいびえん)
鼻の中が腫れ、鼻汁・鼻づまりが常にあり、たえず鼻をかんだり、鼻をぐずぐず鳴らしたりします。アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎が隠されていることもありますので、よく調べることが必要です。  
アレルギー性鼻炎
(あれるぎーせいびえん)
風邪でないのに、水ばな、鼻づまり、くしゃみが持続する病気で、ある種の原因物質(これをアレルゲンといいます)が鼻に吸引されて起こります。アレルゲンとして、室内塵()、ダニ、花粉、カビなどがあります。目や皮膚の症状を伴うことも多く、アレルゲンにより対策が異なります。
副鼻腔炎
(ふくびくうえん)
いわゆる蓄膿症(ちくのうしょう)のことです。副鼻腔の病気で、鼻汁・鼻づまり・頭痛・根気がない・においがわからないなどの症状があります。
鼻中隔弯曲症
(びちゅうかくわんきょくしょう)
鼻の真ん中のしきりの骨がひどく曲がっている病気で、鼻づまり・鼻血・頭痛の原因となることがあります。  
反復性鼻出血
(はんぷくせいびしゅっけつ)
鼻血はよく見られる症状で多くの場合心配は要りません。しかし、繰り返すときは、アレルギー性鼻炎、鼻副鼻腔炎、鼻前庭炎(鼻入口部のただれ・かさぶた)などの病気があるかもしれませんので、耳鼻科医に相談してみてください。
花粉症
(かふんしょう)
花粉症は早めの予防が大事です。
花粉が飛散する前に耳鼻咽喉科専門医を受診しましょう。

のどの病気

疾患名 説明 詳細説明
アデノイド
(あでのいど)
鼻の奥にある扁桃(へんとう)が大きくなっています。耳・鼻の病気の原因となる場合が多く、難聴・鼻づまりなどを起こし注意散漫となります。  
扁桃肥大
(へんとうひだい)
扁桃(へんとう)が非常に大きいので、呼吸困難・いびき・嚥下困難(飲み込み困難)などのことがあり、のどにとげがささりやすくなります。手術の要否は耳鼻科医の判断によります。  
扁桃炎
(へんとうえん)
のどを痛めることが多く、痛みや熱があるばかりでなく、中耳炎・リウマチ・心臓病・肝臓病などの原因となることがあります。
音声言語異常
(おんせいげんごいじょう)
声がかれていたり、発音・話し方のリズムが普通でなく、手術や言語訓練の必要がある場合が多いので、耳鼻科医の検査を受けてください。